【ジダン監督】トップチームではわずか2敗、驚異の戦績!指揮官として100戦目へ。

1: サムライ24時 2016/11/02(水) 17:41:50.84 ID:CAP_USER9
11月2日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節で、レギア・ワルシャワ(ポーランド)とレアル・マドリード(スペイン)が対戦する。

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督にとっては、指導者として臨む100回目の試合となる。節目の一戦を前に、ジダン監督が展望を語った。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が伝えている。

 ジダン監督は「私が指揮官として率いる100試合目となる。そのことをとても嬉しく思うよ。監督としての自分の仕事ぶりにも満足している。このクラブは居心地も最高だし、可能な限り、ここで働き続けたい。さらに改善したい点は全てだよ」とコメント。さらなる向上を誓った。

 そして「レギアは本当に危険なチームだ。ここまでは運悪く、結果こそ出ていない。でも、危険な場面を作れる実力を証明してきた。彼らに敬意を抱いている。チームとして強さを見せている」と相手への警戒を語った。

 現在、公式戦無敗記録を「26」に伸ばしているレアル・マドリード。ジダン監督が指揮を執り始めた今年1月から、公式戦ではわずか2敗しか喫していない。同監督の戦績をスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ジダン監督の指揮官としての戦績は、99試合で58勝25分け16敗。勝率は約58.6パーセントとなっている。トップチーム昇格後に限定すると、42試合で32勝8分け2敗(PK戦での勝利は引き分けと換算)となる。勝率は約76.2パーセントに達する。

 ジダン監督のトップチームでの戦績は以下のとおり(2016年11月1日時点)。

・リーガ・エスパニョーラ(30試合)24勝5分け1敗
・チャンピオンズリーグ(10試合)6勝3分け1敗
・UEFAスーパーカップ(1試合)1勝
・コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)(1試合)1勝

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00510720-soccerk-socc
381
 

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加