EXILE・岩田剛典の大根・棒演技が 「笑える」 と酷評、 “顔だけ男” の需要低下?

MEN’S NON-NO (メンズノンノ) 2016年10月号EXILEおよび三代目 J Soul Brothers(以下JSB)のパフォーマーとして活躍中の岩田剛典(27)。“がんちゃん”の愛称で親しまれ、“史上最強イケメン”との呼び声も高い岩田ですが、ここへ来て過剰評価のメッキが剥がれかけていると一部報じられています。

岩田は三代目イチ推しの“役者”として、舞台やドラマ出演など俳優活動にも積極的に取り組んでおり、2014年に放送された石原さとみ&松下奈緒のW主演ドラマ『ディア・シスター』(フジテレビ系)をきっかけに人気は上昇。

現在放送中の『砂の塔~知りすぎた隣人』(TBS系)にもメインキャストで出演中。緊張感漂うサスペンス、かつ菅野美穂や松嶋菜々子など実力派女優に囲まれての演技ということで、今まで以上の確かな演技力が求められていますが、演技が下手と酷評されており、おりしも所属するLDHおよび三代目JSBはレコード大賞の不正疑惑に晒されている渦中。地に足をつけた活動が求められています。 続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加