履正社-日大三、選手交代で審判がミス!投手-中堅-投手-中堅は不可なのに…

転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1489924889/
1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 21:01:29.03 ID:hIuVhdRp0
同試合の幹事審判だった日本高野連の木嶋一黄・審判技術顧問によると、公認野球規則5・10(d)【原注】で

「同一イニングでは、投手が一度ある守備位置についたら、再び投手となる以外に他の守備位置に移ることはできないし、投手に戻ってから投手以外の守備位置に移ることもできない」とされており、今回はそれに該当する。
同顧問は「審判にアドバイスする幹事としてアドバイスできなかったこちらのミス。
全国大会でこういうことがおきてしまった」と説明。本来なら、桜井が2度の登板を終えて中堅へ移る時点で指摘すべきことだったとした。
一方で、公認野球規則8・02(b)【注2】では「審判員が、規則に反した裁定を下したにもかかわらず、
アピールもなく定められた期間が過ぎてしまったあとでは、たとえ審判員が、その誤りに気づいても、その裁定を訂正することはできない」とある。

つまり、プレーが再開された時点で、桜井の2度目の中堅への交代は有効となった。

以下記事全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000117-dal-base
出典元:デイリースポーツ 3/19(日) 19:02配信

20170319-00000117-dal-000-5-view



3 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 21:01:54.29 ID:pX+rCGMia.net
ちょっとぐらいええやろのメンタル
続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加