ビートたけしが格差社会の実態を危惧 「搾取されている人がいっぱい増える」

テレビじゃ言えない19日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、ビートたけしが、格差社会の現状に懸念を示しました。

番組では、「天下りに高待遇…やっぱりなるなら公務員!?SP」と題し、一億総格差社会の象徴ともいえる「官民格差」の実態について、出演者たちが意見を交わしました。

たけしは「景気というのは、なんか(社会)全体じゃなくて、一部の人がすごい金持ちになって、下の方で搾取されている人がいっぱい増える」と、格差社会の現実を指摘。そして、そうした社会のもとでは、極端な富裕層と貧困層の二層だけとなり、中間層がほとんどいなくなっていると論じました。 続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加