【マンC×リバプール】上位対決は”ドロー”、互いに好機生かせず1-1に。

1: 名無しの24時 2017/03/20(月) 03:27:13.15 ID:CAP_USER9
2017年03月20日(Mon)3時25分配信

photo Getty Images

互いに決めきれずドロー【写真:Getty Images】

【マンチェスター・シティ 1-1 リバプール プレミアリーグ第29節】

 プレミアリーグ第29節のマンチェスター・シティ対リバプールが現地時間19日に行われ、1-1の引き分けに終わった。

 プレミアリーグで4位と5位につける両者の上位対決は、序盤から白熱。互いに多くのチャンスをつくった。

 24分にはリバプールにチャンス。マネが抜け出してペナルティエリアに侵入すると、シュート体勢に入ったところで後ろからきたオタメンディと接触するが笛は鳴らない。

 どちらも好機をいかせず前半を0-0で終えたが、試合は後半の立ち上がりに動いた。49分、リバプールはペナルティエリア内でフィルミーノがクリシに倒されてPKを獲得。クロップ監督がピッチに背を向ける中、ミルナーが冷静にPKを決めて先制した。

 それでもシティはここから反撃に転じる。69分、フェルナンジーニョが中央から右へ大きなボールを送ると、デ・ブルイネが華麗なトラップからすぐさまグラウンダーのクロスを中へ。ニアに飛び込んだアグエロがダイレクトで押し込み、1-1とした。

 その後はどちらにも決定機が訪れるが、不思議なほどゴールにボールが入らない。どちらも最後まで2点目を奪えず、試合は1-1のまま終了した。

【得点者】
51分 0-1 ミルナー(リバプール)
69分 1-1 アグエロ(マンチェスター・シティ)

https://www.footballchannel.jp/2017/03/20/post202806/
31
 

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加