「ダンスCM」 続出に、視聴者うんざり?

青空エールBlu-ray 豪華版(2枚組)17日から公開されている西武鉄道の新CMで、女優の土屋太鳳(22)がキュートなダンスを披露しています。ネットでは早くも「ぶいダンス」と呼ばれるなど、好評を得ているようですが、一部では最近流行の「ダンスCM」に対して厳しい声も。

このCMは「ちちんぶいぶい2017年春夏篇」というタイトルで、秩父の観光名所を背景に、土屋が「ちちんぶいぶい、ちちんぶいぶい、秩父に行こう」という歌に合わせて踊るというもの。振付はパパイヤ鈴木(50)が担当し、かわいらしいダンスに仕上がっています。

しかし、ここ最近、俳優がダンスを踊るCMが数多く放送されており、「ナイーブ」の新CMでは佐藤健(28)、「いい部屋ネット」のCMでは桜井日奈子(20)がダンスを披露。さらに昨年の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で“恋ダンス”をブレイクさせた新垣結衣(28)と星野源(36)も、それぞれ「ユニクロ」と「ウコンの力」のCMでダンスを踊っています。

芸能誌ライターは、「最近ダンス系のCMが多すぎて、食傷気味の視聴者が増えているようです。ただ、すぐさま“〇〇ダンス”と話題になりますから、まだまだ人気はあるのでしょう」とみており、しばらくはダンスCMブームが続きそうです。 続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加