小沢健二 紅白内定に・・・・・・ 「オザケンって誰?」 と若者たち

さよなら小沢健二ミュージシャンの“オザケン”こと小沢健二が、大晦日の第68回NHK紅白歌合戦に内定したと、10月10日に各メディアが報じました。

この報せにファンからは歓迎の声が上がる一方、「大した活躍もしてないのになぜ紅白?」という異論も出ているよう。しかし最大の問題は、このニュースが若者たちにまったく響いていないことだという。

音楽ライターは小沢について、「紅白の視聴率は、テレビを見る習慣のない若者たちをいかに惹きつけるかで上下します。しかし当の若者たちからは『オザケン…誰?』という声しか聞こえてこないのです。小沢の全盛時を知るファンからは『出演者全員で「今夜はブギー・バック」をメドレーだ!』との声も上がっていますが、そもそも同曲は94年のリリース。23歳以下の若者にとっては自分が生まれる前の曲であり、聴いたこともない懐メロに過ぎません」と指摘しています。 続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加